この後、鬼畜キモハゲに滅茶苦茶にされボロ泣きします。(篠宮ゆり)